<< お片づけ。*prev
ピープル 加古川店に行こう! >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「オタク」と「マニア」の違い

がー子が質問してきたので調べてみました。w

とりあえず私なりの見解を申しますと、


マニア=作品や人モノに対する物体?を集める、蒐集家・コレクター

オタク=作品や人モノに対する情報面で特化している人


こんなこと考えたこともなかったから漠然とそう思っただけなんですが…

「オタク」と「マニア」の違いについて勝手に語る*1

↑に定義が書いてありました。


ほっほぉーぅ!!と納得した後、
深いなぁ…と改めて思いました。

オタクってすごいな。w
(ゲド戦記に出てくるゲドのペットの動物の名前もオタクです。)

っていうかココがすごい。↓

◆ 「オタク」の定義について ◆   アレクセイ(田中幸一)*2

今日も寝不足のせいで集中力が1/4くらいなんで最後まで読めていませんが、
ココまで書けるってことがすでにオタクやマニアと呼ばれる領域なんだと思う。
実際その中に身を置いてみないと理解できても実感わかないから
自分なりに解釈したり、説明したりできないんではないでしょうか…

オタクもマニアも尊敬しちゃいます。
物事に対してそんだけのめりこめる集中力と、その持続力。
そして情報やグッズ等を集めるためにいる資金、
それを惜しみなく好きなモノ、コトに宛てる勇気と呼べる思い切りさ。?
尊敬してしまいます。

私は何か始めても人並みにできてしまえばそこで終わっちゃうし、
努力とか全くしないんですよね…

「あ、こんなもんか」

って思ってしまいます。
熱しやすく冷めやすい。
持続性がないんですよねー。。。
努力が続くようになったらもっと成長するのになぁとは日々思うんねんけどなぁ…w


【関連リンク】
・*1あとむの正直日記
・*2LIBRA
ガンダム+ガンダムコレクション 野村総研:オタクに5類型
 分かりやすいかどうかは別にして、数値でオタクを分化させてる。
Asahi GoDoブログ オタク VS マニア
 オタクの語源を発見。中森明夫って名前がすごい胡散臭いんですが…w
まあ、何だっていいじゃないか あれ?
 やっぱり中森明夫なんや…w
しりとりエッセイ マニアジャイロスコープ
 いろんな解釈がありますよねー。
 物事ってのは多角的に見て触って聞いて叩いて嗅いで
 形が浮き上がってくればいいもんだと思います。?w
アバブ the マニア 
 ↑にマニア度チェックみたいなのがありました。もちろんやりました。w


■最終成績■ [善玉ニア率70〜75%未満]
善玉ニアの割合が大きいほうだ。
貴方が周りから悪いイメージでマニア(おたく)だ!
と思われている可能性は低い。
しかし、その素質がないとも言い切れない。
当サイトを参考に、
「マニア(おたく)」にならないよう気をつけよう。

質問数 善玉ニア数 善玉ニア率 善玉偏差値 順位 回答時間
30問 21問 70.0% 57.0 14168位 01分23秒


ちゅーと半端なツッコミどころがない芸人として最悪に近い平均的な値。
芸人じゃなくてよかった。


author: junkie
opinion | permalink | comments(0) | trackbacks(2)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://fragile-666.jugem.jp/trackback/221
TrackBacks:
野村総合研究所は10月6日、国内のマニア消費者層(いわゆる「オタク層」)の実態とビジネス的価値に関する調査研究結果を発表した。 オタク層の行動原理6因子と新たな「オタク像」5タイプとは?
trackback by: ガンダム+ガンダムコレクション | 2006/04/08 10:56 PM
オタク ちょっと壮大なテーマに挑んでしまいました[:たらーっ:] オタクの語源は、 1983年頃、中森明夫氏の連載『「おたく」の研究』で 紹介したのが始まり。もちろん和製語。 他に、コミックマーケットが開催された大田区産業会館が 語源なのではないかという
trackback by: 専門用語? なんだこりゃ???ブログ | 2007/01/27 2:20 PM
 
 

Treat the junkie gently

11/10 明日で終わり。明日はポッキー。明日はお酒。
玉と砕けよ! けものがれ、俺らの猿と CUBE キューブ 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)